英語→日本語BTS!(防弾少年団)翻訳の部屋

いまや世界で一番ホットな韓国の7人組ボーイズグループ「防弾少年団」(BTS)が取り上げられた英語媒体の記事やニュースをファンが和訳して載せているブログ。翻訳には意訳部分も多くなりますのでご了承ください。

CBSプレビュー:K-pop旋風BTSの舞台裏

CBS Newsの4/18付のweb記事を和訳しました。

 

プレビュー:K-pop旋風 BTSの舞台裏 

↓オリジナル記事はこちらです。

www.cbsnews.com

 

 次回の"CBS Sunday Morning"は、ワールドツアーを間近に控えて準備を行う韓国出身の大人気POPグループBTSの舞台裏に迫る。ツアー開始前の初のアメリカでのTV番組のインタビューを受けた彼らの、バックステージのリハーサルの様子やリラックスした様子、そしてレポーターのセス・ドーン氏と向き合ってのインタビューは同番組で4/21に放送される。

 

f:id:kinnikunq:20190419113315j:plain

 

BTSの音楽はヒップホップとR&Bの要素がミックスされたもので、ステージ上で精巧な振付のダンスで表現される。2013年の最初のアルバム以来、BTSは世界規模の一大現象となり、スタジアムのチケットは軒並み売り切れ、熱狂的なファンはオンステージ、オフステージでの彼らの一挙手一投足を日々見守っている。

7人のメンバーの年齢は21歳〜26歳。ジョングク、ジン、ジミン、シュガ、V、J-HopeとRMというニックネームで呼ばれている。

「こんなにたくさんの愛をもらって驚いています」とJ-Hopeはインタビューで語った。

一方ジョングクはこう語る。「パフォーマンスを始めるときはいつも、インイヤーモニターを外して観客の叫び声や掛け声を聞きます。そうするとエネルギーで満たされるんです。」

ドーンは韓国ソウルまでBTSを訪ねていき、シカゴ、ニュージャージー、カリフォルニアなど世界各国で行われるワールドツアーの準備のための彼らのリハーサルの様子を取材した。

BTSのアメリカでの成功をもっとも印象付けたのは、その歌詞のほとんどが韓国語で書かれている点だ。BTSはグラミー賞のプレゼンターを務めた初めての韓国人アーティストであり、さらについ先日、韓国人で始めてサタデーナイトライブでパフォーマンスをしたアーティストになった。

最初にBTSに加入したRMは、英語が堪能であるためスポークスマンの役割を務めることが多い。彼はアメリカの音楽を聴いたりドラマ『フレンズ』を観て英語を学んだという。

「ポップミュージックも『フレンズ』も大好きです」とRMは言う。「そう、テレビドラマの『フレンズ』です。母が全シーズン分を買ってきてくれて、何度か通しで見ました。ただアメリカのミュージシャンの言っていることを聴いたり理解したり、話をしたりしたかったんです。今はお母さんありがとう!と言いたいですね。」

BTSの7人のメンバーがこの勢いをいつまで謳歌できるかは未知数だ。韓国では兵役の義務があり、今のところメンバーは全員、入隊を先延ばしにしている。「韓国では当然のことです。いつの日か召集がきたら、それに応じてベストを尽くすつもりです」とジンは語った。

 

今はやるべきことがあると彼らは理解している。RMはこう語る。「僕たちはただこの流れに乗って、今という瞬間を生きていきます。僕たちができることはそれだけです。」

 

(終)

 

  防弾少年団のファンが趣味で翻訳している個人ブログです。翻訳の正確性に責任は持てません。細かい訳漏れ、訳抜けなどある場合がございますのでご了承ください。無断転載はお控えください。和訳を別ブログで紹介していただく場合は、この記事のリンクURLも引用元として貼り付けお願いします。